hanul韓国語学院

070-6922-0195
電話受付:平日:13:00~20:00 土日:11:00~17:00

「大阪hanul(ハヌル)韓国語学院」の特徴

高品質なレッスンが驚きの価格で!1レッスン400円から

関西の女子に人気No,1 その理由とは?!
「大阪hanul韓国語学院」では、楽しく高品質なレッスンを格安価格でご提供しています。 なんと1レッスン(50分)あたり400円~という驚きの安さです。 「安かろう、悪かろうでは?」とイメージされるかもしれませんがご心配なく。 講師陣は厳しい基準をクリアしたネイティブスピーカーと、ビギナーのための日本人講師が在籍。 講師陣、レッスン内容ともに、常に最高のクオリティーを追及しています。 まずはお試しレッスンでそのクオリティーを体験してみて下さい。

■お申込み方法
お申込みフォームの他、お電話でも可能です。
体験レッスンを申込む 電話をかける


アクセス楽々♪阪急「梅田駅」茶屋町出口徒歩5分!

梅田駅、中津駅、中崎町からスグ!
「大阪hanul韓国語学院」は阪急「梅田駅」、大阪市営地下鉄「中津駅」「中崎町駅」よりわずか徒歩5分の場所にあります。 梅田LoFt、毎日放送局(MBS)のすぐそばのアクセス良好な立地にありますので、 お仕事帰りや学校帰りに韓国語を学びたいという方にもご利用いただきやすい、 大変便利なロケーションにある韓国語スクールです。
アクセス方法


気軽にスタート!長期契約なしの月謝制だから安心♪

レッスン料は月謝制!
「大阪hanul韓国語学院」は大手スクールにありがちな「長期契約」は一切いたしません。授業料を各月ごとにお支払いいただく「月謝制」だから、安心してスタートいただけます。 「教室に通うのは初めてでちょっと不安…」という方も、ぜひお気軽にご相談下さい。
レッスン料金


「大阪hanul(ハヌル)韓国語学院」の教育方針

圧倒的に結果を出せる会話誘導方式のレッスン

スピーキング力を強化するレッスン方式
発音だけがよくても、韓国語特有のリズムやイントネーションそして、スピードが欠けていては、美しい韓国語は聞こえません。 「話す」為のこんな大切な基礎を他校では、あまり教えてもらえない気がします。 (一文字でも違ったら点がとれない。小さなミスも許されない。翻訳ばかりさせられる。このようなことをやめない限り、日本人は永遠に話せないのではないかと思うほどです。) 発音のコツを知り、韓国語を聞きながら反復練習することは、リスニング力アップにもつながります。この時、とっさに出てくると便利なよく使うフレーズ集を使って、よく理解してからリズム練習するので、一緒に覚えてしまいます。 リズムに合わせて、やや大げさに口を動かしながら練習するとより効果的です。

■お申込み方法
お申込みフォームの他、お電話でも可能です。
体験レッスンを申込む 電話をかける


1500時間リスニングのすすめ ~韓国語会話上達のコツ~<

「あなたは、どれくらいで韓国語を話始めましたか?」
留学経験者達に、聞いてみると・・・・ 一日4時間くらい学校で韓国語だけの生活。 更に帰ってから2時間くらい現地のお友達と遊ぶ。 一日6時間。週に30時間。 留学経験者達が、友達とスムーズなコミュニケーションをし始めるまでに、どんなに早くても1000時間~1500時間くらいはかかったというのです。 しかも”徐々に話し始めた”というよりは、その時間に達すると堰を切ったように”一気に言葉が出始めた”というのです。 環境・個人の能力差などで、もちろん一概には言えないですが、毎日韓国語だけの生活を送っていても「1500時間は話し始めない。」のです。 「大阪hanul韓国語学院」のレッスンは、約週一回年間約70時間です。 もし、ここで世界一のレッスンをしたとしても、1500時間に到達するためには最低20年かかります。 遅すぎます! だから、CDや生きた韓国語をたくさん聞く事をお薦めします。 単語を覚えるのも、文法を覚えるのもストーリーを楽しむのも、全ての韓国語の勉強をリスニングを中心に行う事。 黙ってノートに書いて覚えるよりずっと効果が高いです。

■お申込み方法
お申込みフォームの他、お電話でも可能です。
体験レッスンを申込む 電話をかける


講師について

ネイティブ講師じゃなきゃダメ!とお考えの方へ
「大阪hanul韓国語学院」ではより効果的に韓国語会話を学ぶために、韓国人講師だけでなく日本人講師による授業も行っております。 逐語訳をするという意味でなく、ピンポイントでしっかり理解させる為に、日本人講師のレッスンが必要と「大阪hanul韓国語学院」では考えています。 レッスン中、日本人もほとんどは韓国語で話しますが、大切な事や、難しい単語の意味などに日本語で説明したりもします。 試験対策クラスや文法のレッスンを日本語で行う事もあるのは、この為です。

■お申込み方法
お申込みフォームの他、お電話でも可能です。
体験レッスンを申込む 電話をかける

inserted by FC2 system